ホーム >> 会社概要 >> 企業理念・会社沿革

「誠実と技術」をモットーとして水・土・岩と大気に関連する仕事に挑戦しています

企業理念

当社は「誠実と技術」をモットーとして、水・土・岩と大気に関する仕事に挑戦し
 一、お客様への積極的な貢献
 一、企業の発展と社員の福祉の増進
 一、明るい豊かな環境型社会の建設
を目指し前進することを企業理念とする

会社沿革

1900年 5月
三重県三重郡羽津村(現四日市市)において井戸掘業として創業
1938年
管工事業を兼営
1943年 4月
東邦さく泉工業株式会社を設立(資本金15万円)
1947年 4月
地質調査業を兼営
1962年 8月
資本金の増額(資本金1,000万円)
1970年 10月
資本金の増額(資本金2,500万円)
1973年 1月
東邦地水株式会社に社名変更
1978年 10月
資本金の増額(資本金4,000万円)
1991年 8月
技術研究室を開設
1995年 6月
資本金の増額(資本金6,000万円)
1999年 6月
IS09001認証取得(対象範囲:地質調査、試験及び解析)
2000年 4月
物理探査グループを技術開発本部に設置
2001年 4月
地盤環境グループ及び水文グループを技術開発本部に設置
2005年 2月
IS09001認証取得(対象範囲:土木構造物及び上下水道施設の施工・さく井施設、建築機械設備の施工及び定期点検)
2006年 6月
経済産業省中部経済産業局より地中熱・ヒートポンプ事業が、新連携計画に認定される
2009年 6月
資本金の減額(資本金5,000万円)

ページの最上部へ