技術のご紹介

地盤環境ソリューション

簡易的な土壌汚染診断から本格的な詳細土壌調査まで対応します

地盤環境業務とは

あなたの土地は大丈夫ですか?

  • 今、所有している土地を売却したい…
  • マンション建設を考えているのだが…
  • 土地を購入したいのだが、近くに工場・ごみ焼却場がある…
  • うちの工場もISO14000シリーズ取得を考えているのだが…

土壌汚染対策において最初に取り組まなくてはいけないこと。それは…
土地の状況を正確にかつ客観的に把握すること
です。あなたにはどれが汚染土壌であるか分かりますか?
わが国は戦後よりわずかな年月でめざましい発展を遂げてまいりました。
しかし、その裏には経済活動の拡大や大量生産・大量消費の帰結として大量の廃棄物を発生させ、残念ながら不法投棄や不適切な有害物取り扱いによる漏出など、いまもなお環境への負荷は増大しています。

検査

検査

データ

データ

調査

調査

簡易的な土壌汚染診断から本格的な詳細土壌調査まで対応します

そこで、東邦地水は提案します!

私たち東邦地水は創業以来「水・土・岩と大気」を相手に仕事を続けてまいりました。
長年の技術の蓄積と経験を駆使し、簡易的な土壌汚染診断から本格的な詳細土壌調査まで対応可能。
公正中立な立場から総合判断・対策・改善案をご提案します。

地盤汚染対策の手順

以下は、基本的な業務のながれです。このほかにもお客様の御要望により「調査・検討」いたしますので、お気軽に御相談ください。もちろん守秘義務は厳守いたします。

基本的な業務のながれ

地盤汚染対策フロー図

対象地資料等調査(Phase 1)
公的に入手可能な現在と過去の土地利用状況や対象地域の地質・地下水の情報を調べると共に、現地調査(外観調査や内部視察)とヒアリング文書の照査から、対象とする土地について土壌汚染発生の可能性を評価します。

詳細ページ

対象地概況調査(Phase 2)
Phase1で得られた具体的な事実に基づいて土壌汚染が発生している可能性や、汚染物質の移動に関する仮説を検証して、対象地における土壌地下水汚染発生あるいはその可能性の有無を判定します。

詳細ページ

対象地詳細調査(Phase 3)
対象地詳細調査では、土壌・地下水汚染が発生している範囲と汚染程度を三次元的に把握した後に、周辺環境への影響などの評価、修復対策の必要性の判定を行います。

詳細ページ

浄化対策(Phase 4)
浄化・修復の設計・施工計画を立案し、計画書に従って浄化・修復工事を実施するとともに、対策工事実施中の周辺環境への影響をモニタリングします。

詳細ページ

浄化後の確認調査・モニタリング(Phase 5)
浄化対策効果の確認調査や、浄化後の長期モニタリングを行い、調査地周辺環境への影響を監視するとともに、定期的にモニタリング調査をおこないます。

詳細ページ

ページの最上部へ