ホーム >> 新規事業のご紹介 >> 地盤環境ソリューション >> Phase5 浄化後の確認調査・モニタリング

技術のご紹介

Phase5 浄化後の確認調査・モニタリング

地下水浄化及びモニタンリング

六価クロム水処理(1日あたり40m3)の例

当社では、浄化井戸、浄化プラントの設置から、浄化プラントのメンテナンス、浄化モニタリングまでを一貫して、実施しています。
井戸から汲み上げた地下水の六価クロムを浄化プラントで環境基準まで除去した後に、下水道に放流します。
施工にあたっては、現地地下水により、浄化確認調査(トリータビリティ試験)を実施し、吸着剤の浄化能力確認を行っています。

地下水浄化及びモニタンリング
 出典:土壌汚染に関するリスクコミュニケーションガイドライン(環境省)に加筆

六価クロム浄化プラント全景

六価クロム浄化プラント全景

浄化は、特殊吸着剤(MPC)を使用しています。
六価クロム吸着前の吸着剤の状況を左下の写真に示します。
右下の写真は、六価クロムの吸着後で黄色に変色しています。

六価クロム吸着状況

ページの最上部へ