技術のご紹介

アスベスト調査

アスベスト調査

環境デュー・デリジェンス

エンジニアリングレポートの作成をサポートします

アスベスト調査

国土交通省HP「建築物の解体に伴う有害物質の適切な取扱い」

不動産の証券化や不動産売買の際に行われるデュー・デリジェンスでの環境リスク調査を行います!

  • 建物環境調査:アスベスト、PCB、その他の建物環境のリスク評価
  • 土壌環境調査:土壌汚染・地下水汚染のリスク評価

建物環境調査

お客様と事前に打合せを行い、調査項目を決定します。
建物の設計図書等の提供資料、現地調査、聞取り調査によって、アスベストやPCB、その他の項目について建物に潜んでいるリスクを評価します。

土壌環境調査

地形図・住宅地図・空中写真等の資料調査及び現地調査や聞取り調査によるPhase1レベルの調査を実施します。
過去から現在に至る土壌・地下水汚染のリスクを評価します。

一般的な流れ

処理フロー

アスベスト調査

不動産の証券化は今後、ますます盛んになるものと見られます。
それに伴いエンジニアリングレポートの重要性も高まっていくものと考えられます。
国土交通省では平成19年7月に「不動産鑑定評価基準」及び「不動産鑑定基準運用上の留意事項」を一部改正し、エンジニアリングレポートの重要性が高まっています。

ページの最上部へ